ノート:イスラエル諜報特務庁

ナビゲーションに移動 検索に移動

消された議論へのリンク[編集]

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E3%83%A2%E3%82%B5%E3%83%89&oldid=5214357 Tairikurouninさん、いくらすでに終わっていてあまり有益でもなさそうな議論だからといって理由もリンクも示さず議論を消すのは乱暴です。最低限、履歴へのリンクを残して議論を参照できるようにしてください。--Clinamen 2006年5月6日 (土) 10:02 (UTC)

概要の移動[編集]

概要をシオニスト諜報史よりも先に持ってきた方が良いと思います。--Wikipo 2006年11月10日 (金) 14:20 (UTC)

貴殿の御意見に賛同し前の方に移しました。--nekokaburi 2008年9月24日(火)12:50(UTC)

インテリジェンス・コミュニティー[編集]

歴代長官名[編集]

  • 歴代長官名をヘブライ語表記に統一。
  • 英語やヘブライ語のウィキペディアでは初代長官ルーベン・シロアッハの任期が(1951-1952)となってるが1949年からとした。理由はハ-モサッド公式サイトで1949年12月13日が創設日と正式指定されており従った。創設当時はモサッド・レ-リクーズ・ウ-レ-テウーム・シェルテイ・ハ-モディイン・ヴェ-ハ-ビタホン(諜報保安集中調整局)と呼ばれていた。参照[1]
  • 第6代長官ナフーム・アドゥモニの任期の終わりの年と、第7代長官シャブタイ・シャヴィット就任の年が1990年となっていたが1989年の間違い。--nekokaburi 2007年7月3日(火)17:09(UTC)

情報史一般[編集]

  • 「シオニスト情報史」分項の中で直接的にモサッドに関係するところを除きハガナー情報局「イシューヴ情報史」に移した。--nekokaburi 2007年7月3日(火)17:14(UTC)

概要の一部削除[編集]

「概要」の〔過去の歴史的経緯によりユダヤ人は世界に散り、長い年月を経て再びイスラエルに戻ってきた。このため各民族との混血が進み外見だけではユダヤ人と判別できない人々や各国語に堪能である人々などが多く、イスラエルでは情報収集や潜入工作の適材集めに事欠かない。〕という箇所と、脚注の〔現イスラエル建国に際し参集した「ユダヤ人」、そして現在我々の目にする「ユダヤ人」の大半は、近世ロシア西部の白人が集団改宗した結果生じた、いわゆるアシュケナジーユダヤである。古代にパレスチナの地で生きたセム族の一派としてのユダヤ人は、20世紀には殆ど絶滅状態となっており、血縁的には両者は殆ど関係がない。〕という箇所は本項と関係が無いので削除。ユダヤ人の人種的起源や近代ユダヤ人の形成とシオニズムの政治的正当性の有無などはユダヤ人ハザールの項のノートで議論されたし。--nekokaburi 2008年4月28日(火)13:51(UTC)

改名提案[編集]

記事名を「イスラエル諜報特務局」にすることを提案します。--経済準学士 2009年10月17日 (土) 09:58 (UTC)

質問:改名の提案をなさる理由はなんでしょうか。--sabuell 2009年11月8日 (日) 01:31 (UTC)
改名されました。--経済準学士 2009年12月27日 (日) 11:01 (UTC)