ノート:アルトゥール・ルービンシュタイン

ナビゲーションに移動 検索に移動

>1906年にニューヨークのカーネギー・ホールで行なったリサイタルは聴衆に支持されたようだが、評論家から批判があいついだため四年間、演奏活動を中止して自らの技巧・表現に磨きをかけた。これは、当時移民同然への彼への人種差別を意識した評論家の攻撃のみならず、ヴラジーミル・ホロヴィッツなどのライバルの出現を意識した為とも伝えられる。

の一文ですがヴラジーミル・ホロヴィッツの項で説明されている彼の活躍時期と矛盾しています。

>1920年には、初のピアノ独奏会を開催。(次の日の朝、目が覚めるとホロヴィッツは有名人になっていた!)--以上の署名の無いコメントは、125.175.53.139ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2006年5月16日 (火) 04:14 (UTC) に投稿したものです。

>非常に雄大ながら大味。

『大味』であるか否かは、彼の演奏を聴く人間それぞれの受け取り方では? 『百科事典』である限り、客観的事実のみを記すべきではないでしょうか。

>技術的に高度な曲目をいかにも難しい曲のように演奏するので、若い時分には支持が少なかった。

典拠を明らかにすべきですし、当時の何人かの批評家の言に基づいているのであれば、『当時の批評家某は、こう評した』等の記述の仕方をすべきです。 さもないと、恰もそれが普遍的な『真実』のように参照者に受け取られてしまい、上述の点と同様、現代に於いて初めてルービンシュタインを聴く者にとっては、無用の先入主を与える『弊害』にしかなりません。--以上の署名の無いコメントは、Ray-dノート履歴)さんが 2009年6月16日 (火) 12:41 (UTC) に投稿したものです。