ネルバ (画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネルバ

ネルバ(本名:コイト・ネルバ、エストニア語: Koit Nerva1972年 - )は、エストニア画家

略歴[編集]

エストニア南部のポルヴァ県生まれたネルバは、作曲家となる教育を受け、1996年には「ハーモニー」と呼ばれるCDアルバムをリリースした。1998年、画家に転身。当初は、アクリル画の手法を用いて独特の画風を発展させ、2002年にはワイドスクリーンデジタルボードと描画のための特別なアートペンを用い始め、2005年に彼は特殊なアートプリンタを使用して、キャンバスにプリントするジクレー・グラフィックスの作成を開始した。

2002年以来、ヨーロッパのさまざまな場所で個展を開いている[1][2]

特徴[編集]

ネルバの描く絵は美しい色づかいが特徴である。これに、ユーモアやシュールさ、社会批判が加わって独特の世界を生み出している。作品には数々のファンタジー動物がよく登場するのも特徴の一つである。ネルバ自身は、絵を通して前向きな気持ちが伝わるよう心がけ、大自然に見られる色の調和や構図にインスピレーションを得ており、創造者のおかげだとも述べています。

ネルバは必ず作品を一枚、手元に保管している。

作品[編集]

100以上のアクリル画や250以上のグラフィックシリーズを製作した[3]

また、「Sense of the Sun」( ISBN 9949-10-143-3 )と「 KunsTIGUu 」 ( ISBN 9949-10-883-7 )という2冊の絵本を刊行し、アートカレンダーやポストカードも製作している。

ときには他のアーティストとコラボすることもあり、ネルバのファンタジー動物のいくつかは、銅像が製作された。

出典[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 2015年の個展に関する報道
  3. ^ artist”. ネルヴァ公式サイト. 2016年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]