ヌードリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヌードリング(noodling)は、アメリカ合衆国南部発祥のナマズ漁。道具を使わず、素手でナマズを捕らえる。現在ヌードリングが合法なのはアメリカ合衆国50州のうちで11州のみである。

ヌードリング

「ヌードリング」という名称は、主としてナマズ漁に用いられているが、漁法や魚種を問わずに素手で魚を捕らえる漁全般を指すこともある。また、ルアーやロッド、リールなどを用いない、さまざまな非伝統的漁法にも「ヌードリング」の名がつけられる。

方法[編集]

素手でナマズを捕らえるというコンセプト自体は単純だが、実際のヌードリングはより複雑である。ナマズがヌードリングの対象となっているのには理由があり、それはナマズの生息地域と深く関わっている。ナマズは川や湖の水中の穴に住んでおり、じっとしていることが多い。その静的な生活スタイルのため、ヌードリングで捕らえるには好都合なのである。ヌードラーは手を水中深くに差し込み、ナマズの巣穴を手さぐりする。ヌードラーが巣穴を探し当てるとナマズはその手に喰らいついてくるので、それを両手で捕まえるのである。多くのヌードラーは協力者と共に漁を行う。協力者はナマズを水から引き上げたりボートに乗せたりすることを手伝う。

スポーツとしてのヌードリング[編集]

スポーツとしてのヌードリングは主としてアメリカ合衆国南部で実施されている。最近では女性の参加者も増えている。

危険性[編集]

ヌードラーには、手に切り傷や擦り傷を負う危険が伴う。これは手袋などの防具を身につけることによってある程度は回避できるが、防具があったとしても感染症や指の切断などのリスクは常にある。

より大きな危険は、ナマズの巣穴に棲む別の水棲生物である。ナマズが棲まなくなった巣穴にワニヘビビーバーカミツキガメなどがいることがあり、これらはナマズよりはるかに危ない。