ニトロソプミルス・マリティムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニトロソプミルス・マリティムス
分類
ドメイン : 古細菌 Archaea
: 所属不明(又は"クレン古細菌界")
: "タウム古細菌門"
"Thaumarchaeota"
: ニトロソスパエラ綱
Nitrososphaeria
: "ニトロソプミルス目"
"Nitrosopumilales"
: "ニトロソプミルス科"
"Nitrosopumilaceae"
: "ニトロソプミルス属"
"Nitrosopumilus'"
: "N. マリティムス"
"N. maritimus
"
学名
"Candidatus Nitrosopumilus maritimus"
Konneke et al. 2005(暫定名)

ニトロソプミルス・マリティムスNitrosopumilus maritimus)は、2005年水族館から分離されたタウムアーキオータ門(海洋性クレンアーキオータ)に属する未記載のアンモニア酸化古細菌。未記載であるが、タウムアーキオータとしては最も早く培養に成功した。

従来古細菌は極限環境にのみに分布すると考えられてきたが、1992年に海洋からクレンアーキオータに属すと考えられる16S rRNA配列が検出され、marine archaeal group 1などと呼ばれた。しかしこのグループは分離が困難で、1996年海綿に共生する"Cenarchaeum symbiosum"が発見されたものの、あまり研究は進まず、その生態は謎に包まれていた。

その中で、"Nitrosopumilus maritimus"は2005年シアトル水族館の海洋性熱帯魚水槽から単離された。形態や16S rRNA配列から前述のmarine archaeal group 1に属すと考えられている。少なくともアンモニアを酸化して独立栄養的に生育することができると見られている。近縁の古細菌のDNAは土壌からも検出される上、検出量はアンモニアを酸化する細菌の10-100倍にも達すことがあり、窒素循環で重要な地位を占めている可能性がある。同様の亜硝酸古細菌(ただし好熱菌)が、2007年( "Nitrososphaera gargensis" )と、2008年( "Nitrosocaldus yellowstonii" )に発見されている。

形態は0.5×0.2×0.2 μm程の大きさを持つ桿菌。詳細な性質については明らかになっておらず、未だ正式な学名は与えられていない。暫定的なラテン語名"Nitrosopumilus maritimus"(ニトロソプーミルス・マリティムス)は、「海の、亜硝酸を作る小人」といった意味を帯びる。

ゲノム2007年に解読が終了。ゲノムサイズは、164万5259塩基対ORFは1795箇所。

参考文献[編集]

  • Konneke M, Bernhard AE, de la Torre JR, Walker CB, Waterbury JB, Stahl DA (2005). "Isolation of an autotrophic ammonia-oxidizing marine archaeon". Nature 437: 543–546. PMID 16177789.