ナディア・アズィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナディア・アズィ
Nadia-Azzi-pianist.jpg
基本情報
出生名

Nadia Yamauchi Azzi

(ナディア・アズィ)
別名 山内ナディア
生誕 (1998-08-11) 1998年8月11日(19歳)
ダニディン, フロリダ
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 2010 – 現在まで
公式サイト nadiaazzi.com

ナディア・アズィ(山内 ナディア) (1998年8月11日 - ) アメリカのクラシック音楽のピアニスト。レバノン - 日系のアメリカ人。 アメリカ合衆国フロリダ州ダニディン生まれ。4歳半からピアノを習い始め、現在に至る。オーケストラでバイオリンも演奏する。ニューヨーク在住。

音楽祭への出演[編集]

2011年夏、 アスペン音楽祭に参加し、2012年にジュリアード音楽院ののプレカレッジに入学。そこでヨヘヴェド・カプリンスキー英語版教授の指導を受けた。

キャリア[編集]

ナディア・アズィ, モントリオール (2016年4月1日)

2010年、カーネギーホールニューヨーク・デビューを果たす。2010年夏、 イタリアヴィピテーノにあるコミュナル座(Teatro Communale)でヨーロッパ・デビューを果たす。また、コロラド州アスペンでは数々の演奏をしている。 2011年、ボストン・ネオポリタン・室内オーケストラと協演し、ベートーヴェンのピアノ協奏曲2番でオーケストラとの初演を行った。指揮者はシャンダー・ミッチェルだった。[1] 2011年、シカゴのWFMT(ラジオ局)でナディア・アズィの特集番組 (インプロンプツ、"Impromptu")が放送された。.[2] この放送と同じ週に、新シカゴ音楽院(New Music School of Chicago)でソロ・コンサートを開いた。

受賞歴[編集]

2010年、2012年、AADGT(American Association for the Development of the Gifted and Talented)の金賞を受賞。2010年、イタリアのオルフェロ国際音楽祭(Orfeo International Music Festival)では、最年少で優勝した。[3] 2011年5月、シカゴで開催された2011年新全国青少年音楽コンクール(2011 New Music National Young Artist Competition in Chicago, Illinois.[4])で全年齢部門で優勝するとともに、新芸術音楽賞(ART New Music Award)を受賞した。 この他にも、ワルグリーン全国コンチェルトコンクール(Walgreens National Concerto Competition in Fort Sheridan, Illinois.[5])で、2010年には、オープン・ジュニア音楽部門最優秀賞、2011年には、オープン・ジュニア・ピアノ部門で最優秀賞を受賞している。 2011年、タンパ・ベイ交響楽団青少年芸術コンクール(Tampa Bay Symphony Young Artist Competition.[6] )で優勝した。 2012年、クレシェンド国際音楽コンクール(2012 Crescendo International Music Competition)でグランプリを受賞した。

脚注[編集]

  1. ^ Concerts”. BNCO. 2011年11月18日閲覧。
  2. ^ Nadia Azzi, piano”. WFMT. 2011年10月28日閲覧。
  3. ^ Nadia Azzi”. FSMTA. 2012年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月18日閲覧。
  4. ^ Congratulations to the 2011 Winners”. New Music National Young Artist Competition. 2011年10月31日閲覧。
  5. ^ Walgreens 16th National Concerto Competition”. Midwest Young Artists. 2012年1月3日閲覧。
  6. ^ Congratulations Nadia Azzi, Young Artist Competition Winner”. Tampa Bay Symphony. 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月19日閲覧。

外部へのリンク[編集]

インタビュー関連のデータ[編集]