ドワングワ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドワングワ川
Un-malawi.png
マラウイ全土の地図、ドワングワ川流域も記載されている。
延長 160 km
水源 カスング国立公園
河口・合流先 マラウイ湖
流域 マラウイの旗 マラウイ
テンプレートを表示

ドワングワ川(Dwangwa River)は、マラウイ国内を流れる河川で、河川延長は160Kmである[1]。この河川はマラウイ中部州高原地帯であるカスング国立公園を水源とし、谷に沿って国土を東北東の方角へ流れ、マラウイ湖へと注ぎ込むとともに、バナ湿地(Bana Swamp)にも流れている。

ドワングワ川の水は農業用の灌漑に利用されているほか[2]、流域中の水力発電所水力発電も行われており、さらにエビなどの水産資源の供給源としても重要である。FAOの見積もりでは、年間1万5000トン程度の水産資源が見込めるとされている[3]

脚注[編集]

  1. ^ Dwangwa River Encyclopedia Britannica, Accessed November 2006
  2. ^ sends axial flow pumps to Malawi World Pumps, 2005. Accessed November 2006
  3. ^ Source Book for the inland fishery resources of Africa, volume 1 Food and Agriculture Organization of the United Nations, Accessed November 2006

座標: 南緯12度31分 東経34度12分 / 南緯12.517度 東経34.200度 / -12.517; 34.200