ドラマ・ジョコーソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ドラマ・ジョコーソドランマ・ジョコーソイタリア語Dramma giocoso、複数形:drammi giocosi)は、18世紀中期に流行したオペラの1形式。正しくはdramma (giocoso) per musica(音楽のためのおどけたドラマ)なので、オペラ全体よりむしろをオペラ台本を指す言葉である。

概略[編集]

ドラマ・ジョコーソはナポリ・オペラの伝統の中、主としてヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴルドーニCarlo Goldoni)の作品を通して発展した。ドラマ・ジョコーソの特徴は、各幕の最後にくる劇的クライマックスとしての大がかりなブッフォ・シーンである。ゴルドーニのテキストは常にフィナーレで長くなった2幕と、短い3幕で構成されていた。

ゴルドーニの台本には、バルダッサーレ・ガルッピニコロ・ピッチンニヨーゼフ・ハイドンらが曲をつけたが、このジャンルのもので現在でも盛んに上演されている唯一の作品といえば、ロレンツォ・ダ・ポンテ台本、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲の『ドン・ジョヴァンニ』(1787年)と『コジ・ファン・トゥッテ』(1790年)である。しかし、モーツァルトはこれらの作品をオペラ・ブッファとして自分のカタログに加えている。

主なドラマ・ジョコーソ作品[編集]

参考文献[編集]

  • John Stone, "Mozart's Opinions and Outlook: Opera" in "The Mozart Compendium" ed. HC Robbins Landon, Thames and Hudson, London 1990.
  • Eberhard Thiel, Sachwörterbuch der Musik. Stuttgart: Kröner, 1984.