ドイツ植民協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドイツ植民協会ドイツ語Gesellschaft für Deutsche Kolonisation英語Society for German Colonization)は、ドイツ海外領土獲得の為にカール・ペータース博士により、1884年3月28日に設立された組織

1884年、ペータースは、ヨアヒム・グラーフ・フォン・プファイル・ウント・クライン=エルグートカール・ルートヴィヒ・ユルケと共にザンジバルを経由して東アフリカ本土へ上陸。途上、ドイツ植民協会の名目で、現地民族:ンセグア、ングル、ウサガラ、ウカミの族長と協定を締結。1885年初頭、ペータースはドイツ帰国後、ドイツ東アフリカ会社を設立、直ちに勅許を得た。1887年Deutschen Kolonialverein と合併、Deutsche Kolonialgesellschaft が設立される。

外部リンク[編集]