トンネル式便所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
通常の水洗便器が使用されるトンネル式便所の最上流部(この便器の下流部の個室には非水洗便器が使用されている

トンネル式便所(トンネルしきべんじょ)は、便所の方式の一つである。暗渠式便所薬研式便所、また俗に水洗ボットンとも呼ばれる。

構造[編集]

便器の半分(半穴または丸穴)、または全体に穴が開いてあり(全穴)、その穴が一度横に流れる管を通ったのちに下水道または浄化槽に流れる。一見すると非水洗便器を使うために汲み取り式と同じように見えるが、真下の水管に常時水が流れるようになっている。現在は、減少傾向にある。一部のトンネル式便所では最上流部の個室のみに普通の洗い出し水洗便器が設置され、その排水力で下流の非水洗便器を使った個室下に落ちた汚物をより強力に流す方式も存在する。

関連項目[編集]