トンガリサカタザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トンガリサカタザメ
Rhynchobatus djiddensis durban.jpg
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ガンギエイ目 Rajiformes
: トンガリサカタザメ科 Rhynchobatidae
: トンガリサカタザメ属 Rhynchobatus
: トンガリサカタザメ R. djiddensis
学名
Rhynchobatus djiddensis
Forsskål1775
トンガリサカタザメの腹部

トンガリサカタザメ (Rhynchobatus djiddensis) は、トンガリサカタザメ科に属するエイの一種。

分類[編集]

かつてはインド太平洋の広い範囲で生息しているとされていたが、近年の学術的な裏付けによって伝統的な定義で4種類の種複合体[注 1]から構成されていることが判明している[1]。この種複合体のうち、トンガリサカタザメは紅海、熱帯地域の西インド洋から南アフリカ沿岸にかけてのみ見られる[2]

特徴[編集]

大きな個体は体盤幅3.1メートル、重さは227キログラムに達する。色については下部は白色、上部は濃い灰色ないしはオリーブ色である。また、大きい個体はホワイトスポッテッドウェッジフィッシュ英語版のように、白い斑点を欠いている。

卵胎生であり、メスは最大で10匹の子を産む[2][3]

主に二枚貝カニアカザエビ類、イカ、小型の魚などを補食する[2][3]

人間との関わり[編集]

人間にとってはほぼ無害である。繁殖力が低いうえ、食用(ふかひれ)を目的とした乱獲で生息数は著しく減少しているため、国際自然保護連合 (IUCN) レッドリスト危急種に指定されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Dudley, S.F.J. & Cavanagh, R.D. (2006). Rhynchobatus djiddensis. 2006. IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2006. www.iucnredlist.org. Retrieved on 28 September 2009.
  2. ^ a b c Froese, Rainer and Pauly, Daniel, eds. (2007). "Rhynchobatus djiddensis" in FishBase. 7 2007 version.
  3. ^ a b Lieske, E. and Myers, R.F. (2004) Coral reef guide; Red Sea London, HarperCollins ISBN 0-00-715986-2