トライアンフ・タイガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タイガーTiger)は、トライアンフが製造販売しているオートバイの車種である。

モデル一覧[編集]

タイガー80[編集]

1937年から1939年にかけてトライアンフ・エンジニアリングによって製造販売されていた排気量349ccモデル。これ以外にも250ccのタイガー70と500ccのタイガー90があった。

タイガー100[編集]

1939年から1940年の間と1946年から1973年の間の2回、トライアンフ・エンジニアリングが製造販売したスタンダードモデル。

タイガー100[編集]

テッド・サイモン使用モデル

1939年から1940年の間と1946年から1973年の間の2回、トライアンフ・エンジニアリングが製造販売したスタンダードモデル。

著名な乗り手に、『ジュピターズ・トラベル英語版』の著者であるジャーナリスト、テッド・サイモン英語版がいる。 また、1966年7月29日ボブ・ディランがバイク事故に遭った時に使用していたモデルもこの タイガー100 である[1]

タイガーT110[編集]

1953年から1961年にかけて製造販売されたトライアンフ初のスポーツモデル。

タイガーカブ[編集]

エドワード・ターナーがデザインし、メリデン工場で1956年から1968年にかけて製造販売されたモデル。

タイガーデイトナ[編集]

1967年から1974年にかけて製造販売されたモデル。別名、T100R

タイガートレイル[編集]

1981年から1982年にかけてメリデン工場で製造販売されていたモデルで、排気量750ccのTR7Tと排気量650ccのTR65Tがある。

タイガー900[編集]

トライアンフモーターサイクルとなった1993年から1998年にかけて生産されたデュアルパーパスモデル。別名、トライアンフタイガー、スチーマー。

タイガー955i(T709EN)[編集]

2001年から2006年までに製造販売されたデュアルパーパスモデルで1993年から1998年にかけて製造販売された885ccのT400、1999年から2000年にかけて生産された885cc燃料噴射装置のT709、2001年から2006年に製造販売された955cc燃料噴射装置のT709EN(955i)、2007年から製造販売されている1050cc燃料噴射装置のタイガー1050がある。

タイガー1050[編集]

2007年から製造販売されているスタンダードモデル。タイガー955iの後継型である。

タイガー800[編集]

2010年から製造販売されているデュアルパーパスモデルで、オンロード指向の800とオフロード指向の800XCがある。

タイガーエクスプローラー[編集]

2012年から製造販売されているデュアルパーパスモデルでDOHC4バルブ直列3気筒1215cc、137馬力、6段変速、シャフト駆動、ABS、トラクションコントロールシステム、クルーズコントロールシステムを標準装備している。スポークホイール仕様のタイガーエクスプローラーXCが後に追加されている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Bob Dylan Motorcycle-Crash Mystery”. American Heritage (2006年7月29日). 2006年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月21日閲覧。