トゥーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トゥーリー
欧字表記 Two Lea
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1946年
死没 1973年(27歳没)
Bull Lea
Two Bob
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Calumet Farm
馬主 Calumet Farm
調教師 Horace A. Jones
競走成績
生涯成績 26戦15勝
獲得賞金 309,250ドル
テンプレートを表示

トゥーリー (Two Lea) は、アメリカ合衆国で生産・調教されたサラブレッド競走馬、および繁殖牝馬。競走馬としてはおもに3歳時と6歳時に活躍し、繁殖入り後には名馬ティムタムなどの母となった。1982年アメリカ競馬殿堂入りしている。

経歴[編集]

1946年カルメットファームで生まれた馬である。父は名種牡馬ブルリー、母は1936年ケンタッキーオークスの勝ち馬トゥーボブという良血の生まれであった。カルメットファームからはブルリー産駒の活躍馬が多数出ており、後にトゥーリーもそのうちの1頭となった。

競走馬デビューは2歳となった1948年。この頃、トゥーリーの脚には蹄の近くの骨に大きな腫瘍ができており、これのせいで調教が思うように行かず、デビュー戦を迎えることが出来たのは8月になってからであった。初戦となったワシントンパーク競馬場の未勝利戦は3着、続いて出走したベルモントパーク競馬場でも3着と、平凡なスタートであった。3戦目の未勝利戦を4馬身差をつけて勝ち、この年の競走を終えた。

3歳シーズン、トゥーリーは4月の一般戦から始動し、ステークス競走を含む7戦で6勝という好成績を残した。クレオパトラハンデキャップでは同年のケンタッキーオークス勝ち馬のウィストフルに勝ち、アートフルステークスでは1947年の全米最優秀3歳牝馬バットホワイノットをコースレコードで破るなど、その内容も濃いものであった。この年、トゥーリーはウィストフルとともに最優秀3歳牝馬に選出された。

1950年、4歳になったトゥーリーは牡馬との対戦も積極的に行っていた。サンタアニタマーチュリティでは前年のケンタッキーダービー馬のポンダーと対戦して2着、サンタアニタハンデキャップでは三冠馬サイテーションイギリスからの移籍馬ヌーアを相手に3着に健闘するが、結局このシーズンは牡馬の強豪を相手に勝ちを挙げることはできなかった。しかし5戦して2勝、アーカディアハンデキャップやサンタマルガリータハンデキャップでの勝ち星が評価され、同年の最優秀古牝馬に選ばれた。

この後、トゥーリーはデビュー前から患っていた脚部不安が再発したことにより、5歳シーズンを全休する22ヶ月もの休養期間に入った。再度の出走は、6歳になった1952年の5月からであった。復帰初戦の一般戦を5着、次走で2年4ヶ月ぶりの勝利を得た。この後のトゥーリーは充実した成績を残し、ヴァニティハンデキャップでは再びウィストフルを破り、ハリウッドゴールドカップでは牡馬を相手にしながら優勝している。

同年10月のベイメドウズハンデキャップ2着を最後に引退、繁殖入りした。

引退後[編集]

故郷のカルメットファームで繁殖入りして8頭の競走馬を産み、そのうち3頭がステークス競走勝ちを収めている。その産駒のうち、ティムタム(父トムフール)は1958年のアメリカ二冠馬になるなど際立った活躍を見せ、後にトムフール・トゥーリーと共に親子での殿堂入りを果たしている。

また、ブルックリンハンデキャップなどに勝ったオンアンドオン(父ナスルーラ)は種牡馬としても活躍し、1968年のアメリカ二冠馬フォワードパスや、アリダーなどG1馬3頭の母となった名牝スウィートトゥースなどの父となった。

1973年、トゥーリーは27歳で死亡した。その遺骸はカルメットファームに埋葬されている。1982年トゥーリーはアメリカ競馬名誉の殿堂博物館によって、殿堂馬の一頭として選定された。

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

1948年(2歳) 3戦1勝
1949年(3歳) 7戦6勝
プリンセスドリーンステークス、クレオパトラハンデキャップ、アートフルステークス
2着 - モデスティステークス
1950年(4歳) 5戦2勝
サンタマルガリータハンデキャップ、アーカディアハンデキャップ
2着 - サンタアニタマーチュリティ、ミレイディハンデキャップ
1952年(6歳) 11戦6勝
ヴァニティハンデキャップ、ハリウッドゴールドカップラモナハンデキャップ、チルドレンズホスピタルハンデキャップ、サンマテオハンデキャップ
2着 - ベイメドウズハンデキャップ

年度代表馬[編集]

  • 1949年 - 最優秀3歳牝馬(ウィストフルと同時受賞)
  • 1950年 - 最優秀古牝馬

表彰[編集]

血統表[編集]

トゥーリー血統テディ系 / Spearmint 4x4=12.50%、 Cerito 4x4=12.50%) (血統表の出典)
父系

Bull Lea
1935 青鹿毛 アメリカ
父の父
Bull Dog
1927 黒鹿毛 フランス
Teddy Ajax
Rondeau
Plucky Liege Spearmint
Concertina
父の母
Rose Leaves
1916 青鹿毛 アメリカ
Ballot Voter
Cerito
Colonial Trenton
Thankful Blossom

Two Bob
1933 栗毛 アメリカ
The Porter
1915 鹿毛 アメリカ
Sweep Ben Brush
Pink Domino
Ballet Girl St. Leonards
Cerito
母の母
Blessings
1925 鹿毛 アメリカ
Chicle Spearmint
Lady Hamburg
Mission Bells Friar Rock
Sanctuary F-No.23-b
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]