デルタフェライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デルタフェライト(delta ferrite)とは、純鉄(高純度の)において1392℃~1536℃(融点)の温度領域にある鉄の相(組織)である[1]。この領域において、鉄は体心立方格子構造をとる。δFeδ鉄(デルタてつ)ともいう。純度100%の鉄において、1536℃を超えると鉄は液体になる。

デルタフェライトは、Fe-C状態図において、1494℃で最大溶解量0.1[mass %]までの炭素を固溶できる。

通常、常温で使う炭素鋼の場合、デルタフェライトは他の相に変態するため、機械的性質の直接的な影響はほとんど無い。

出典[編集]

  1. ^ 『機械材料学』、日本材料学会、太洋堂、2000年、213頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]