ディスカバラー37号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Discoverer 37
所属 アメリカ空軍/NRO
主製造業者 ロッキード
衛星バス KH-3 コロナ'''
Agena-B
任務 光学衛星
打上げ日時 1962-01-13
21:41 UTC
輸送ロケット Thor DM-21 Agena-B 327
打上げ場所 ヴァンデンバーグ空軍基地 LC-75-3-4
任務期間 軌道到達失敗
質量 1150kg
軌道要素
軌道 LEO (計画)
ディスカバラー37号の打上げ

ディスカバラー37号(Discoverer 37)またはコロナ9030(Corona 9030)はアメリカ合衆国の光学偵察衛星。1962年に打ち上げられたが、打上げに失敗して失われた。最後のKH-3 コロナ'''衛星である[1]

打上げは1962年1月13日にヴァンデンバーグ空軍基地からThor DM-21 Agena-Bロケットを使用して行われたが、軌道到達に失敗した[2][3]

低軌道での運用を予定しており、質量は1150kg[4]焦点距離が61cm、最大解像度が7.6mのパノラマカメラを搭載していた[5]。打上げに成功していれば、撮影された画像は70mmフィルムに記録され、大気圏再突入後衛星回収機 SRV-571 によってフィルムが回収される予定だった[4]

参考文献[編集]

  1. ^ Krebs, Gunter. “KH-3 Corona”. Gunter's Space Page. 2010年6月30日閲覧。
  2. ^ McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2010年6月30日閲覧。
  3. ^ Lindborg, Christina (2000年9月9日). “KH-3 Corona”. Federation of American Scientists. 2010年6月30日閲覧。
  4. ^ a b Wade, Mark. “KH-3”. Encyclopedia Astronautica. 2010年6月30日閲覧。
  5. ^ Corona”. Mission and Spacecraft Library. NASA. 2010年6月30日閲覧。