MITテクノロジーレビュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MIT Technology Review
URL https://www.technologyreview.com/(英語)
https://www.technologyreview.jp/(日本語)
使用言語 英語日本語ドイツ語スペイン語ポルトガル語オランダ語イタリア語ウルドゥー語アラビア語ドイツ語
タイプ ブログ
運営者 Technology Review, Inc.
株式会社KADOKAWA
スローガン MIT Technology Reviewは、読者の皆さまに、テクノロジーが形作る 世界を理解するための知識を獲得していただくためにあります。(The mission of MIT Technology Review is to equip its audiences with the intelligence to understand a world shaped by technology.)
営利性 営利
設立日 1899年1月21日
現状 運営中

MIT Technology Reviewは、マサチューセッツ工科大学(MIT)が所有するメディア企業Technology Review, Inc.が刊行する科学技術[1]で、1899年1月の創刊時の名称は『The Technology Review』。1998年、発行人に就任したR・ブルース・ジャーニーが事業を見直し[2]た際、「The」が省略され、4月23日発行号から『Technology Review』に改称され、現在の『MIT Technology Review』の原型になった。2005年9月に就任した現編集長発行人CEOジェイソン・ポンティンにより、さらに別の形にリニューアルされた。

1998年のリニューアルに際して、当時の編集長ジョン・ベンディットが「名前以外、以前の雑誌からは何も受け継がない」と宣言しているとおり、1998年以降の(MIT)Technology Reviewは、それ以前のThe Technology Reviewとは区別する必要がある。まず、従来のThe Technology ReviewはMIT卒業生組織であるMIT Alumni Associationが発行する、MIT卒業生向けの雑誌であり、論文誌に近く、発行部数も少なかった。1998年のリニューアル以降、「MITによるイノベーション誌」を標榜し、2005年以降はもっとシンプルに「MIT発行」を掲げ、新しく生まれたテクノロジーを取りあげ、どう事業化されるのかを扱う雑誌として、読者ターゲットを企業幹部や研究者、投資家、政策担当者など、MIT卒業生以外の社会全般に拡大した。

日本版[編集]

2016年8月、株式会社KADOKAWAはMIT Technology Reviewの日本版として『MITテクノロジーレビュー』をWebメディアとして開設することを発表[3]した。

日本版初代編集長(2016年8月1日~2017年4月30日)は株式会社KADOKAWAアスキー・メディアワークス事業局の中野克平が務めた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]