ツインズカム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ツインズカム(Twinscam)は、日本の放送局NHKが開発した水面合成カメラシステム。

1台のカメラを水面下でもう1台を水上で撮影し、2台のズームと焦点をデジタル画像処理により同期させて単一の現実的な映像を作り出す[1]。これにより水上と水中の様子が1つの視点から観賞できる[2]

日本では2010年から使用され、2012年ロンドンオリンピックアーティスティックスイミング放送で採用された[3]。CMでは、赤城乳業「ドルチェTime シンクロ篇」で採用された。

脚注[編集]

  1. ^ まるでプールの断面図 水中映像をスムーズに合成するNHKの独自カメラが五輪中継に - ITmedia
  2. ^ Ben Johnson (2012年8月11日). “The Camera They’re Using to Show Synchronized Swimming Is an Amazing Tech Innovation” (英語). Slate. 2013年3月20日閲覧。
  3. ^ Gavin J. Blair (2012年8月1日). “London 2012: Public Broadcaster NHK Leading Olympics Coverage in Japan” (英語). Hollywood Reporter. 2013年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]