チョレイマイタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チョレイマイタケ
Polyporus umbellatus
Polyporus umbellatus.jpg
チョレイマイタケ
分類
: 菌界 Opisthokonta
: 担子菌門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Hymenomycetes
: チョレイマイタケ目 Polyporales
: サルノコシカケ科 Polyporaceae
: チョレイマイタケ属 Polyporaceae
: チョレイマイタケ Polyporus umbellatus
学名
Polyporus umbellatus Fries
和名
チョレイマイタケ

チョレイマイタケ(猪苓舞茸、学名:Polyporus umbellatus)とは担子菌門サルノコシカケ科きのこの一種。

ブナ林、ミズナラ林或いはこれらの伐採跡地の地下10cm程の所に宿主の根に沿って固い菌核を形成し、ここから、あるいは宿主から直接マイタケ型の子実体を生じる。この菌核は猪苓(ちょれい)と呼ばれ日本薬局方に収録されている生薬である。

猪苓は、消炎、解熱、止褐、利尿薬、抗がん剤として用い、有効成分は明らかになっていないが、最近は抗腫瘍効果があるとする研究も公表されている。また、猪苓湯(ちょれいとう)、五苓散(ごれいさん)、柴苓湯(さいれいとう)などの漢方方剤に配合される。

外部リンク[編集]