チャンス・ボール (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャンス・ボール
The Sandlot Heading Home
監督 ウィリアム・ディア
脚本 キース・ミッチェル
アリー・ドゥポリン
製作 ジョン・クイバー
出演者 ルーク・ペリー
キアヌ・ピアース
ダニー・ヌッチ
音楽 ケンドール・マーシュ
公開 2007年
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗アメリカ
言語 英語
製作費 400万ドル
前作 わるわる探犬隊
テンプレートを表示

チャンス・ボール(原題:The Sandlot Heading Home)は、2007年のアメリカ映画。1993年に劇場映画として公開された『サンドロット/僕らがいた夏』のシリーズ3作目にあたる。

あらすじ[編集]

メジャーリーグドジャースで活躍する41歳のトミー・サントレッリは、ある日、打撃練習で頭にデッドボールを喰らってしまう。目が覚めると、そこは12歳の子供の頃の時代だった。周りの状況が理解できないトミーだったが昔のチームメイトや亡くなったはずの母に出会い、今の自分にとって大切なことを少年時代を通じて気付かされる。少年野球チーム、サンドロットに入団したトミーだが土地問題をめぐり思い出の球場がEJの父の不動産によって買収される案件が出る。球場の権利をかけた決着は不動産会社社長を父に持つライバルEJのチームと試合で決めることになったが…。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

  • トミー・サントレッリ - ルーク・ペリー内田直哉
  • 12歳のトミー - キアヌ・ピアース(根本圭子
  • ベニー・ロドリゲス - ダニー・ヌッチ落合弘治
  • スクインツ・パレドラス - チョーンシー・レオパルディ(日野聡
  • サラ・サントレッリ - サラ・ディーキンス(藤本喜久子
  • DP - コール・ヘッペル
  • ウィングス - ライアン・ドレッシャー
  • ティンバー - カイ・ジェームス
  • ツートン - ブランドン・オールズ
  • Q - メシャック・ピーターズ
  • ワック - サミュエル・パトリック・チュー
  • ロール - レンゾ・カルボネル
  • ライアン - ケイナン・ウィーブ
  • EJ・ニードマン - アレクサンダー・ルドウィグ
  • アール・ニードマン - ポール・ジャレット

関連作品[編集]

  • サンドロット/僕らがいた夏(1993年)
  • わるわる探犬隊(2005年)

外部リンク[編集]