チベット遠征

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスのチベット遠征
Meeting with tibetans.jpg
イギリスとチベットの士官による交渉
1903年12月 – 1904年9月
場所 チベット
結果 イギリスの勝利、 ラサ条約の締結
衝突した勢力

イギリスの旗 イギリス

チベットの旗 チベット
指揮官
イギリス領インド帝国の旗フランシス・ヤングハズバンド
イギリス領インド帝国の旗 ジェームズ・マクドナルド
テーリング・ダポン
ギャンツェ司令官
ダライ・ラマ13世
戦力
3,000人[要出典]
支援部隊7,000人
不明
被害者数
戦死者202人
他死者411人
約2000~3000人 [1]

イギリスのチベット遠征(イギリスのチベットえんせい、英語:British expedition to Tibet)または ヤングハズバンドのチベット遠征とは、1903年12月から1904年9月にかけて行われたフランシス・ヤングハズバンド少佐のチベット探検と、それに伴い発生したチベット人との衝突事件である。

脚注[編集]

  1. ^ Charles Allen, p.299