ダーラム発酵管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダーラム発酵管(ダーラムはっこうかん、Durham fermentation tube、ダーラム管)は微生物学実験器具で、細菌のガス産生能を調べるための発酵管の一種である。

概要[編集]

ダーラム発酵管は、細菌のガス産生能[1]の有無を調べる道具としてDurham (1898)が発表した発酵管[2]である。

厚生労働省 (2004) はダーラム発酵管を

綿栓またはシリコン栓をした小試験管 (150 x 12 mm) に一端を封じた小ガラス管 (50 x 6 mm) を開口部を下にして入れたもの

と定義する。

ダーラム発酵管に液体培地を入れ、高圧蒸気滅菌し、滅菌後急冷[3]して、小ガラス管内に気泡のない発酵管を選ぶ。 これに細菌を接種して培養し、培養後小ガラス管内に気泡があれば、接種した細菌はガス産生能があると判断される。

食品の大腸菌群検査等にも利用される。

脚注[編集]

  1. ^ ガス産生能は細菌の化学性状のひとつであり、細菌の分類の目安となる指標である。
  2. ^ 発酵管には他にスミス管やキューネ管などがある。
  3. ^ 急冷すると小ガラス管内の気泡が消える。

参考文献[編集]

  • 厚生労働省 (2004), 食品衛生検査指針 微生物編 (2004 ed.), 日本食品衛生協会, ISBN 978-4889250022, http://books.google.co.jp/books?id=z_JFrYpV8Z8C&pg=RA1-PA91&dq=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%A3%9F%E5%93%81%E8%A1%9B%E7%94%9F%E5%8D%94%E4%BC%9A&as_brr=3&sig=2jWZ-FRxnN1hLWqcqUjSr2F0iVU#PPP1,M1 2009年1月8日閲覧。 
  • Durham, Herbert (1898年5月28日), “A Simple Method for Demonstrating the Production of Gas by Bacteria”, ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル 1 (1952): 1387, PMCID: PMC2411497, http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?artid=2411497 2009年1月8日閲覧。