ダイイングマシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダイイングマシンとは、プレス機械のうち、機械プレスの一種。

概要[編集]

  • 材料(ワーク)の送り機構を内蔵している。順送り金型を使用することを前提としている。
  • 一般的な機械プレスとは、スライドとボルスターの位置が上下逆になっている のが一番の特徴である。 一つのスライドを下部から駆動するため、重心が低くなり高速運転時の振動が少なくなる利点がある。反面、大型化はし難い。
  • 精密小物部品を高速に多量生産することができる。
  • 材料供給が自動ででき、加工中は人手の介在が不要なため安全といえる。