タフピッチ銅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タフピッチ銅(-どう、TPC:Tough-Pitch Copper)は、広く導電用材料として使われている純度99.9%程度のである。

概要[編集]

純銅のなかでも電気導電性、熱伝導性、絞り性、耐食・耐候性に優れる。ただし、微量の酸素が残留しているため、600℃以上に加熱すると残留酸素と水素が反応して、水素脆性を引き起こすことがある[1]

特性等[2]

  • 銅合金番号:C1100
  • 成分: Cu 99.90以上
  • 引張強さ:245~315N/㎜2
  • 伸び:15.0%以上
  • 硬さ:75.0~120.0HV

脚註[編集]

関連記事[編集]