ソリ・デオ・グロリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Soli deo gloria.jpg

ソリ・デオ・グロリア(ただ神にのみ栄光、ラテン語:Soli Deo gloria)とは、プロテスタント宗教改革で、基本的な信仰をあらわすために提示された五つのソラfive solas)の一つである。それは神にのみ栄光というラテン語の語である。

この強調は、当時のカトリック教会の教えと対照的だったと言われる。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハは彼の自筆譜に「SDG」とサインした。

十字架のヨハネは類似のフレーズ「Soli Deo honor et gloria」を使った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]