ソフィア・オブ・ジ・ユナイテッド・キングダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソフィア
Sophia
ハノーヴァー家
Princess Sophia.jpg
出生 (1777-11-02) 1777年11月2日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国バッキンガム宮殿
死去 (1848-05-27) 1848年5月27日(70歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドンケンジントン、ビカレージ・プレイス
埋葬  
イギリスの旗 イギリスロンドン、ケンサル・グリーン墓地
父親 グレートブリテンジョージ3世
母親 シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ
テンプレートを表示

ソフィア・オブ・ザ・ユナイテッド・キングダムPrincess Sophia Mathilda of the United Kingdom1777年11月2日 - 1848年5月27日)は、イギリス王女。

生涯[編集]

ジョージ3世と王妃シャーロットの第12子(五女)として、バッキンガム宮殿で生まれた[1]。他の姉妹たちと同様に、宮廷外の誰とも交わらず、両親の手元で育てられた。

彼女はその生涯の間、数多くの噂に付きまとわれた。その最たるものが、兄であるカンバーランド公アーネスト(のちのハノーファー王エルンスト・アウグスト)と近親相姦関係にあったというものである。これらの噂が事実か否かは不明で、一説では極端にトーリー寄りのカンバーランド公にダメージを与えるため、ホイッグが仕組んだとも言われている。一部の歴史家たちは、1800年頃にソフィア王女がトーマス・ガース(父王の侍従武官、1829年没)との間に庶子トーマス(1800年 - 1839年以降)をもうけたと主張している[2]

晩年のソフィアは、姪であるヴィクトリアも住むケンジントン宮殿で暮らした。ソフィア王女は、ヴィクトリア王女の教育係であるサー・ジョン・コンロイの魅力のとりことなり、彼に自らの資金の管理を任せていた。10年もの間視力を失って過ごした後、1848年にソフィアは死去した。遺言に従い、兄サセックス公オーガスタスの近くに埋葬された。ソフィアの死後、コンロイによる王女の金の使い込みが明らかとなった。

脚注[編集]

  1. ^ Weir, p. 299
  2. ^ Weir, p. 300

参考文献[編集]

  • Alison Weir, Britain's Royal Families, Vintage, 2008.