セブンシーズ・ナビゲーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セブンシーズ・ナビゲーター(Seven Seas Navigator)は、アメリカの船舶会社リージェント・セブンシーズ・クルーズ(Regent Seven Seas Cruises)が運航するクルーズ客船である。

Seven Seas Navigator in Venice.JPG
船歴
船籍 バハマ
運航 リージェント・セブンシーズ・クルーズ
初就航 1998年8月
性能諸元
総トン数 28,550トン
排水量
全長 170.69m
型幅 24.80
全高
喫水 7.30m
機関 ディーゼル機関×4基(15,536kW)
推進器 プロペラ×2基
速力 17.50ノット
定員 490人
その他 船級:ノルウェー船級協会
IMOナンバー: 9064126

概要[編集]

1999年8月にラディソン・セブンシーズ・クルーズ(当時)のクルーズ客船として就航した。

客室は全室スイートで253室全てが海側に設けられており、その9割にあたる216席にバルコニーを備えている。 客室面積は下位カテゴリーであるウィンドー・スイート(G・H)でも28平方メートルで、クルーズ客船のスタンダードクラス平均の約2倍と高い居住性を備えている。 また、乗組員一人あたりの乗客定員は約1.4人と同社の保有する客船の中で最も少なくなっている。

2009年11月には大規模改装を実施。2014年現在は夏季にアラスカ、冬季にカリブ海のクルーズへと配船されている。

船内設備[編集]

※記載内容は2014年現在のもの[1]

  • レストラン
    コンパスローズ・レストラン(メインダイニング、デッキ5)
    プライム7(デッキ10)
    ラ・ベンダ・レストラン(デッキ10)
    プールグリル(デッキ10)
  • ラウンジ・バー
    スターズ・ラウンジ(デッキ6)
    コノスアー・クラブ(デッキ6)
    ナビゲーター・ラウンジ(デッキ6)
    セブンシーズ・ラウンジ(デッキ6・7)
    ガリレオズ(デッキ11)
  • スパ・ヘルス
    ビューティーサロン(デッキ12)
    スパ(デッキ12)
    ジム(デッキ12)
    エアロビクススタジオ(デッキ12)
    サウナ(デッキ12)
  • オープンデッキファシリティー
    ジャクジー(デッキ10)
    プール(デッキ10)
  • その他
    ホスピタル(デッキ4)
    レセプション(デッキ6)
    ライブラリー(デッキ6)
    カードルーム(デッキ6)
    カジノ(デッキ7)
    ブティック(デッキ7)

客室[編集]

全室スイートの海側配置で、カテゴリC以上の客室にはバトラーサービスが付く。ウィンドー・スイート以外はバルコニーが設けられている。

  • マスター・スイート(MS)
    99㎡(客室)+10㎡(バルコニー)
  • グランド・スイート(GS)
    50㎡(客室)+18㎡(バルコニー)
  • ナビゲーター・スイート(NS)
    42㎡(客室)+4㎡(バルコニー)
  • ペントハウス・スイート(A・B・C)
    28㎡(客室)+5㎡(バルコニー)
  • コンシェルジュ・スイート(D)
    28㎡(客室)+5㎡(バルコニー)
  • デラックス・スイート(E・F)
    28㎡(客室)+5㎡(バルコニー)
  • ウィンドー・スイート(G・H)
    28㎡(客室)

その他[編集]

船体は旧ソ連の人工衛星追跡艦を再利用したものである。 1991年にレニングラードアドミラルティ造船所にて衛星追跡艦「アカデミック・ニコライ・プルーギン」として船体のみ完成したものの竣工せず、売却後にイタリアのT.マリオッティ造船所にて上部構造体を新造し、新たに客船「セブン・シーズ・ナビゲーター」として完成した。[2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献・資料[編集]

外部リンク[編集]