セオボールド・パーセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セオボールド・アンドリュー・パーセル(Theobald Andrew Purcell、1841年 - 1877年8月20日)は、明治時代にお雇い外国人として来日したイギリス医師である。

経歴・人物[編集]

1870年(明治3年)に駐日イギリス海軍第10連隊第1大隊付き外科医として来日した。

1871年(明治4年)には工部省に採用され、前年に同じく海軍軍医として来日したエドウィン・ホイーラーと共に鉄道病院に勤め、鉄道工事で作業する外国人の治療を行った。後にホイーラーと共に横浜ゼネラル・ホスピタルの医師を務めた。

1877年(明治10年)横浜で死去し、横浜外国人墓地に葬られた。

出典[編集]