スルー・ライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スルー・ライン英語:The through line、「一貫した線」の意、spineとも、「脊柱」の意)は、ロシア演出家であるコンスタンティン・スタニスラフスキーが最初に示唆した演劇用語である。登場人物化(Characterization)について役者が考えるための単純化された方法である。スタニスラフスキーの信じるところによれば、俳優は、いかなる「ユニット」においても、演じる登場人物が動作をし、あるいはしようとこころみること(ゴール [要曖昧さ回避])を理解するだけであるべきではなく、これらの「オヴジェクティヴ(目標)」に相互にリンクし、登場人物をナラティヴ(説話)を通じて押し出されるところの「スルー・ライン」をも、理解する努力をするべきなのである。

関連事項[編集]