スパイ・スクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スパイ・スクール
Spy School
監督 マーク・ブラットマン
脚本 マーク・ブラットマン
デヴィッド・デュボス
製作 ロバート・エイブラモフ
ビル・ライキンス
サラ・ワッシャーマン
出演者 フォレスト・ランディス
アナソフィア・ロブ
音楽 ロバート・ベイレス
撮影 ポール・エリオット
編集 リチャード・ハルシー
配給 アメリカ合衆国の旗 Kosmic Films
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000 ※見積値[1]
テンプレートを表示

スパイ・スクール』(Spy School)は、2008年に公開されたアメリカ映画アメリカ以外の国では『Doubting Thomas』のタイトルで公開された。日本では劇場未公開だがWOWOWで放送された。

あらすじ[編集]

母親と二人暮らしの中学生トーマスは大ボラを吹いてばかりいる問題児。 校長からも目を付けられ、校長秘書である母親のクレアはいつもヒヤヒヤしている。 そんなトーマスはクラスでも浮いた存在で、リーダー格の悪ガキ・ドレイクとぶつかってばかり。 トーマスをまともに相手にするのはジャッキーだけだが、それはジャッキーがトーマスのことを好きだから。 それなのにトーマスは優等生の美少女マディソンに夢中。 ジャッキーの切ない想いをトーマスは知らない。

そんなある日、トーマスは何者かが学校のダンスパーティで誰かを誘拐しようと企んでいることを偶然耳にする。 翌日になって、ダンスパーティに大統領令嬢クリスティーナがゲストとしてやって来ることを知ったトーマスは、 誘拐犯のターゲットがクリスティーナだと直感、校長に事情を説明するが、大ボラ吹きのトーマスの話を校長が信用するはずもない。 トーマスは仕方なく新任のランドール先生に相談する。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Spy School (2008) - Box office / business” (英語). IMDb. 2010年8月29日閲覧。
  2. ^ エンドクレジットの役名では「Mrs. Bleckner(ブレックナー先生)」となっているが、校務員アルバートのセリフでは「ブレクター」と発音している。

外部リンク[編集]