スタンリー・コーエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スタンリー・コーエン
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1986年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:神経成長因子および上皮細胞成長因子の発見

スタンリー・コーエン (Stanley Cohen、1922年11月17日 - )はアメリカ合衆国生化学者1986年リータ・レーヴィ=モンタルチーニと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。長年ヴァンダービルト大学医学部で研究を続けている。

ニューヨークブルックリン区にて、20世紀初頭にアメリカへ移住したロシア系ユダヤ人移民夫婦の子として生まれた。ニューヨーク市立大学ブルックリン校にて化学動物学の両方を専攻し、1943年学士号を受けた。家庭は裕福でなく、経済的に子供に高等教育を受けさせる余裕はなかったが、ニューヨーク市の公立大学であり、授業料は無料であったため大学教育を受けることができた。収入を得るために乳製品工場で細菌学者として働いた後、1945年オベリン大学から動物学の修士号を受け、1948年ミシガン大学より生化学の博士号を得た。


受賞歴[編集]

外部リンク[編集]