ジャバル・サマーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャバル・サマーン
جبل سمعان
標高 876 m
所在地 シリアの旗 シリアアレッポ県:
ジャバル・サマーン (Jabal Semʻān) 郡、アアザーズ (Aʻzāz) 郡
位置 北緯36度16分34秒 東経36度49分21秒 / 北緯36.27611度 東経36.82250度 / 36.27611; 36.82250座標: 北緯36度16分34秒 東経36度49分21秒 / 北緯36.27611度 東経36.82250度 / 36.27611; 36.82250
ジャバル・サマーンJabal Semʻānの位置(シリア内)
ジャバル・サマーンJabal Semʻān
ジャバル・サマーン
Jabal Semʻān
ジャバル・サマーンの位置(シリア
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
ジャバル・サマーン M.SIMEON の位置
(アレッポ県の空中写真、中央左側)

ジャバル・サマーンサムアーン山[1]アラビア語: جبل سمعان‎ Jabal Semʻān)は、シメオン山英語: Mount Simeon)、シモン(サイモン)山英語: Mount Simon) 、または Mount Laylūn(アラビア語: جبل ليلون‎)とも呼ばれる山。シリアの北部、アレッポ県の山地にあるジャバル・サマーン (Jabal Semʻān) 郡とアアザーズ (Aʻzāz) 郡に位置する。

名前[編集]

サマーンという山の名は、5世紀、ここで修道生活をしていたキリスト教隠修士である登塔者聖シメオンの名からきている。

古名はネボ山(英語: Mount Nebo)で、メソポタミアの神ナブーによる。ネボという語は、Kafr Nebbo、Nebbol など、山にあるいくつかの村の名でまだ見られる。

Laylūn の名は、クルド語が起源となる。

地勢[編集]

ジャバル・サマーンは、アレッポの北西約20kmに見られる山地の西部にある石灰岩山塊の一部であり、標高約500-600m、幅20-40kmの範囲で北から南へ50kmにわたっている。最頂地は南部のシェイク・バラカート (Sheikh Barakāt) の876mである。

脚注[編集]

  1. ^ 青山弘之. “シリアにおけるクルド問題”. 日本貿易振興機構アジア経済研究所. 2012年10月18日閲覧。

関連項目[編集]