ジャコバイト蜂起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャコバイト蜂起(ジャコバイトほうき、英語: Jacobite risings)、またはジャコバイト反乱(ジャコバイトはんらん、: Jacobite rebellions)、イギリス継承戦争(イギリスけいしょうせんそう、: War of the British Succession[1])は1688年から1746年まで、グレートブリテン王国アイルランド王国で生起した一連の蜂起、反乱、そして戦争である。蜂起はイギリスにおける最後のカトリック国王であるイングランド王ジェームズ2世(スコットランド王としてはジェームズ7世)のグレートブリテン王復位を目指しており、彼の死後はその子孫の復位を目指した。ジェームズ2世は名誉革命で議会によって追放されており、以降フランスで復位の機会をうかがった。蜂起の名前はジャコバイティズムを起源としており、「ジャコバイティズム」はジェームズのラテン語読みであるJacobusを起源としている。

「ジャコバイト蜂起」は下記のうち特定の蜂起を指す場合もある。

また、下記のように計画されたものの実行に至らなかったものもある。

脚注[編集]

  1. ^ Black, Jeremy (2015). A Short History of Britain (英語). London: Bloomsbury Publishing. pp. 49–50. ISBN 9781472586681. 2016年12月23日閲覧