シルバークラフト SH-4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シルバークラフト SH-4

1967年6月のパリ航空ショーに出展されたシルバークラフト SH-4の2号機

1967年6月のパリ航空ショーに出展されたシルバークラフト SH-4の2号機

  • 用途:小型ヘリコプター
  • 製造者:シルバークラフト
  • 初飛行1963年
  • 生産数:21機
  • 運用状況:試作のみ

シルバークラフト SH-4Silvercraft SH-4)は、 イタリアのシルバークラフト社(Silvercraft SpA)で開発、製造された3座の小型ヘリコプターであり、イタリア航空当局と米国連邦航空局(FAA)の型式認定を取得した最初のイタリア製ヘリコプターである。

SIAI-マルケッティ社の財政面、技術面での援助を受けて開発されたSH-4の試作機は1963年10月に初飛行を行った。本機は2枚ブレードの主ローターとテールローター、スキッド式降着装置、高い位置に畝の入った管状テールブームを持つ通常の形式の機体であった。エンジンは定格出力170hp (127kW)の200hp (149kW)か235hp {175kW)のフランクリン 6A-350を搭載していた。SH-4の中には出力205 hp (153 kW)のライカミング LHIO-360-C1Aエンジンを搭載したものもあった[1]

2機がイタリア軍により評価された。

SH-4から発展した改良型のSH-200が開発されたが、試作機のみで終わった。

派生型[編集]

SH-4
標準仕様
SH-4A
農業機モデル
SH-4L
ライカミング社製エンジン搭載モデル
SH-4T
ターボプロップエンジン搭載モデル

要目[編集]

(SH-4) Jane's All The World's Aircraft 1976–77[2]

  • 定員:乗員1 名、乗客2名
  • 全長:7.65 m (25 ft 1¼ in)
  • 全高:2.98 m (9 ft 9¼ in)
  • 空虚重量:518 kg (1,142 lb)
  • 全備重量:862 kg (1,900 lb)
  • 主ローター直径:9.03 m (29 ft 7½ in)
  • 主ローター旋回面積:64.0 m2 (639 ft2)
  • エンジン:1 × フランクリン 6A-350 水平対向6気筒、175 kW (235 hp)
  • 最高速度:161 km/h (100 mph)
  • 巡航速度:117 km/h [3] (73 mph)
  • 巡航高度:4,600 m (15,090 ft)
  • 航続距離:320 km (200 miles)
  • 航続時間:3時間
  • 上昇率:6.0 m/s (1,180 ft/min)


出典[編集]

  1. ^ Federal Aviation Administration (2007年2月). “Docket No. FAA-2006-25948; Directorate Identifier 2006-NE-32-AD; Amendment 39-14951; AD 2007-04-19”. 2009年3月9日閲覧。
  2. ^ Taylor 1976, pp. 119–120
  3. ^ econ. cruise
  • Taylor, John W. R. (1976). Jane's All The World's Aircraft 1976–77. London: Janee's Yearbooks. ISBN 0-354-00538-3. 
  • Taylor, Michael J. H. (1989). Jane's Encyclopedia of Aviation. London: Studio Editions. 
  • The Illustrated Encyclopedia of Aircraft (Part Work 1982-1985). Orbis Publishing.