シルウィウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シルウィウムラテン語: Silvium)は、現在のイタリアプーリア州グラヴィーナ・イン・プーリアにある古代の遺跡

マグナ・グラエキアに属し、アッピア街道の最も重要な駅のひとつでもあった。現在はボトロマーニョ考古学公園の中にあり、園内に入ることで遺跡を訪れることができる。また、グラヴィーナ・イン・プーリアのエットレ・ポマリチ・サントマシ博物館や、ロンドン大英博物館ターラントの国立考古学博物館には、この地からの発掘品が数多く展示されている。かつてボトロマーニョの丘の上に建設されていたシルウィウムの中心部は、街の跡や墓所、花瓶のかけら(絵付きのものを含む)、舗装された道路、さらに水の確保のための井戸などの発見によって、かなりの発展度合いに達していたことが証明されている。

関連項目[編集]