シュールの不等式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

シュールの不等式(シュールのふとうしき)は、イサイ・シュールにちなんで名付けられた、非負実数 x, y, z と正数 t に対して成り立つ、次の絶対不等式である。

等号成立は x = y = z のとき、または x, y, z のいずれかが 0 で残り2つが等しいときのみ。また、t が正の偶数の場合はすべての実数 x, y, z について不等式が成り立つ。

証明[編集]

不等式は x, y, z について対称なので、xyz としても一般性を失わない。すると、示すべき不等式は

と変形できるが、左辺の各項は明らかに非負である。

この証明により、シュールの不等式は次のように一般化できる。a, b, c を非負実数として、xyz かつ abc であるとき、

が成り立つ。