シュリーランガム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シュリーランガム寺院

シュリーランガム英語:Srirangam)は、インドタミル・ナードゥ州ティルチラーパッリの島。ティルヴァランガム(Thiruvarangam)とも呼ばれる。カーヴェーリ川の中にある。

歴史[編集]

1310年から1311年にかけて、ムスリムに侵略され、支配されていた。

その後、シュリーランガムはヴィジャヤナガル王国の支配下にあった。16世紀クリシュナ・デーヴァ・ラーヤはこの地の重要性を認識し、ティルパティと同様の権威を与え、豊富な財産を与えた。

寺院[編集]

シュリーランガム寺院は七つの同円心の壁からなる巨大な寺院で、21のゴープラムがある[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ India By Sarina Singh, Joe Bindloss, Paul Clammer, Janine Eberle

関連項目[編集]