サウスブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サウスブリッジの一例

サウスブリッジ (Southbridge) は、PCなどに用いられていたICの1つであり、CPUの周辺回路であるチップセットが、かつて2チップ構成であった時代に、CPUに近い側が「ノースブリッジ」と呼ばれ、CPUから遠くノースブリッジを介して接続されるICが「サウスブリッジ」と呼ばれる[1]

通常はマザーボード上にはんだ付けされる。

サウスブリッジには、PCIeUSBSATAeSATAイーサネット(上位層)などの入出力ポートや、サウンド機能BIOSインタフェースリアルタイムクロックなどが備わっている。 ノースブリッジへの接続は、初期には汎用のI/OバスであるPCIバスで行われる事もあったが、米インテル社のハブ・インタフェースやQPIDMIや、米AMD社のHyperTransport、A-Link Express (=PCIe)、米VIA社のV-Linkなど、ノースブリッジ接続用の高速バスを排他的に用いて高速化が図られていた。

初期を除けば、CPUの製造メーカーが設計・販売することが一般的であった。

2000年頃からは、レガシーインタフェースである、キーボードマウス用のPS/2ポートや、フロッピーディスクシリアルポートプリンタ用のパラレルポートISAバスといったものがサポートされなくなりはじめ、これに対応して、サウスブリッジにLPCバスで接続する「スーパーI/O」チップと呼ばれるICが作られるようになった[2]

脚注[編集]

  1. ^ インテル社では、サウスブリッジを"I/O Controller Hub, ICH"と呼んできた。
  2. ^ IEEE 1394も比較的省かれることの多いインタフェースになっている。

関連項目[編集]