ゴーストワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴーストワールド
Ghost World
監督 テリー・ツワイゴフ
脚本 ダニエル・クロウズ
テリー・ツワイゴフ
製作 ジョン・マルコヴィッチ
ラッセル・スミス
リアンヌ・ハルフォン
製作総指揮 ピッパ・クロス
ジャネット・デイ
出演者 ソーラ・バーチ
スカーレット・ヨハンソン
音楽 デヴィッド・キティ
撮影 アフォンソ・ビアト
編集 マイケル・R・ミラー
キャロル・クラヴェッツ・アイカニアン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年7月20日
日本の旗 2001年7月28日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $7,000,000
興行収入 $6,200,000 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

ゴーストワールド』(Ghost World)は2001年制作のアメリカ映画テリー・ツワイゴフ監督、ジョン・マルコヴィッチ製作。ダニエル・クロウズのコミック『ゴーストワールド』の映画化。

ストーリー[編集]

ロサンゼルス郊外の退屈な町に住む、幼馴染みのイーニドとレベッカ。二人は所謂はみ出し者同士で、ともに高校生活や家庭に対して冷めた感情を抱いており、大の仲良しだった。高校を卒業した彼女達は二人で共同生活をする計画を立てるが、暫くは進学も就職もせず、町でぶらぶらと時間をつぶす日々が続いていた。

そんなある日、二人はいたずらで出会い系広告に応募し、その広告主であるブルース・レコードコレクターの冴えない中年男、シーモアと出会う。イーニドは自分と同じく世間に馴染めずに生きている彼にシンパシーを感じ、徐々に親しくなっていく。イーニドがシーモアと仲を深めていく一方、レベッカはコーヒーショップで働き始める。働きながら少しずつ自立しようとしだす彼女と、世間一般のシステムに馴染めないままのイーニドの仲は段々とすれ違ってゆく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
イーニド ソーラ・バーチ 高山みなみ
レベッカ スカーレット・ヨハンソン 浅野まゆみ
シーモア スティーヴ・ブシェミ 古川登志夫
ロベルタ イリーナ・ダグラス 鳳芳野
イーニドの父親 ボブ・バラバン
ジョシュ ブラッド・レンフロ 杉山紀彰
マキシン テリー・ガー
ダグ デイヴ・シェリダン
ジョン パット・ヒーリー
セラピスト ダイアン・サリンジャー
ビデオ店店員 パトリック・フィッシュラー
ジェラルド デヴィッド・クロス

外部リンク[編集]