コーペル屑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

コーペル屑(コーペルくず)は、黄銅の非鉄スクラップの一種。JISでは「2号新黄銅くず」という。

コーペルと名づけられた理由は不明。黄銅板を切断、又は打ち抜いた屑。[1]

特徴[編集]

  • 含有量が60%で亜鉛含有量が40%くらいの板の新くずを、原料業界ではこの名称で呼ぶ[1]
  • 一辺10mm以上のものが一般的で、JIS規格では厚さは0.2mm以上のものを指す[1]
  • 色は黄銅色。

出典[編集]

関連項目[編集]