コーエー (山口県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

株式会社コーエーは、医薬品・一般用医薬品の卸を中心とする日本の企業であった。地盤は山口県。現在は、株式会社フォレストホールディングスの一社「アステム」(葦の会グループ)である。

概要[編集]

  • 本社:山口県下関市南部町22-25
  • 代表者:能美米蔵(代表取締役会長)、吉村重喜(代表取締役社長)、河田清宏(代表取締役副社長)、長岡英明(代表取締役専務)
  • 資本金:6,000万円

沿革[編集]

  • 大正15年1月 - 山口県防府市に「旭薬品株式会社」設立。
  • 昭和38年7月 - 「小倉薬品」は「武田薬品」「山口日赤」「山口薬剤師会」等からの依頼で山口県防府市に本社を置く「旭薬品」を再建する為「小倉薬品山陽事業部(下関支店・小郡出張所)」と「旭薬品」を合併させ資本金300万円で「旭小倉薬品」を設立し、本社を防府市から下関市へ移転
  • 昭和39年5月 - 「磯部商会」(山口県下関市南部町33-1・資本金 100万円 代表取締役社長・磯部富郎)・「佐村薬局株式会社・卸部門」(山口県柳井市吉開作26 資本金・150万円 代表取締役社長・佐村勉)と合併資本金1,000万で「磯部旭小倉薬品」と改名
  • 昭和40年7月 - 社名を「アイコー薬品株式会社」に変更。
  • 昭和42年4月 - 「浅田薬局・卸部門」(山口県徳山市糀町・資本金300万円 代表取締役社長・浅田敏亮)を合併。
  • 昭和42年8月 - 「河田薬品株式会社」(山口県下松市中島町・資本金200万円 代表取締役社長・河田恒助)・「株式会社能美順天堂」(山口県吉敷郡小郡町津市南1209)と合併。社名を「コーエー」と改名。
  • 昭和46年11月 - 福岡県北九州市「小倉薬品株式会社」と合併し「コーエー小倉薬品株式会社」と商号変更。

大株主[編集]

  • 武田薬品 300,000
  • 小倉薬品 158,880
  • 能美順天堂 153,000
  • 河田辰吉 133,800

主要取引メーカー[編集]

  • 武田薬品、藤沢薬品、エーザイ

営業所[編集]

  • 下関市店(下関市南部町22-25)
  • 宇部市(宇部市朝日町2-24)
  • 小郡店(吉敷郡小郡町南木町)
  • 防府店(防府市戎町2-5-30)
  • 徳山店(下松市大字末武中字向香力1159-7)
  • 柳井店(柳井市箕越)
  • 岩国店(岩国市駅前)