コンプライアンス 服従の心理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コンプライアンス 服従の心理
Compliance
監督 クレイグ・ゾベル英語版
脚本 クレイグ・ゾベル
原案 マイケル・マーコウィッツ
製作 クレイグ・ゾベル
ソフィア・リン
テオ・セナ
リサ・マスカット
タイラー・デヴィッドソン
製作総指揮 デヴィッド・ゴードン・グリーン
カリーナ・アルヴズ
ジェイムズ・ベルファー
出演者 アン・ダウド
ドリーマ・ウォーカー
パット・ヒーリー
音楽 Heather McIntosh
撮影 アダム・ストーン
編集 ジェーン・リッツォ
製作会社 ドッグフィッシュ・ピクチャーズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年1月21日SFF
アメリカ合衆国の旗 2012年8月17日
日本の旗 2013年6月29日
上映時間 90分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $319,285[2]
テンプレートを表示

コンプライアンス 服従の心理』(Compliance)は、クレイグ・ゾベル英語版監督・脚本、アン・ダウドドリーマ・ウォーカー、パット・ヒーリー出演による2012年アメリカ合衆国スリラー映画である[3]。2004年に起こったストリップサーチいたずら電話詐欺を基にした物語である[4]。ダウドは本作の演技によりナショナル・ボード・オブ・レビュー賞助演女優賞を受賞した。

ストーリー[編集]

ファストフード店でマネージャーをしている中年女性サンドラは、ある日、警察官を自称するダニエルズからの電話を受ける。ダニエルズはサンドラの店の従業員が金を盗んだと述べる。サンドラはダニエルズの証言からベッキーが容疑者であると考え、呼び出した。ベッキーは盗んではいないと主張すると、ダニエルズは彼女を身体検査するように要求する。そして、サンドラはマネージャーとして、従業員を管理する責任があると思い、ダニエルズの言うとおりに身体検査を実行していくのであった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

公開[編集]

2012年1月にサンダンス映画祭でプレミア上映された[5]。アメリカ合衆国では2012年8月17日に限定公開英語版された。

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは127件のレビューで支持率は89%となった[6]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補者 結果
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[7][8] 助演女優賞 アン・ダウド 受賞
インディペンデント・スピリット賞 助演女優賞 アン・ダウド ノミネート
放送映画批評家協会賞 助演女優賞 アン・ダウド ノミネート
セントルイス映画批評家協会賞 助演女優賞 アン・ダウド 受賞
オンライン映画批評家協会賞 助演女優賞 アン・ダウド ノミネート
トロント映画批評家協会賞 助演女優賞 アン・ダウド 次点

なお、配給元のマグノリア・ピクチャーズは本作の採算割れを理由に、アン・ダウドの賞レース参戦のための全米俳優組合会員とアカデミー賞への投票権を持つ者への試写用DVDの配布をしなかった。そのために、アン・ダウドは借金をして試写用DVD配布の費用1万3000ドルを調達した。[9]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]