コヒーレント光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コヒーレント光とは、光束内の任意の2点における光波の位相関係が時間的に不変で一定に保たれていて、任意の方法で光束を分割した後、大きな光路差を与えて再び重ねあわせても完全な干渉性を示す光。

自然界には完全なコヒーレント光は存在しないが、シングルモードで発振するレーザーの出力光はコヒーレント光に近い状態の光である。

コヒーレント光を重ねあわせた時の光強度は、干渉効果のために一般には単独の光強度の和とは異なる値となる。

参考文献[編集]

  • 『物理学辞典』 培風館、1984年