コイタ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コイタ族
Koita
総人口
3000(1978年)
居住地域
パプアニューギニア
言語
コイタ語英語版トク・ピシン英語モツ語[1]
宗教
キリスト教

コイタ族(コイタぞく、Koita)は、パプアニューギニアに住む少数民族。

居住地[編集]

パプアニューギニアの中部地方、ポートモレスビー一帯の乾燥して痩せた海岸地帯に住んでいる。

歴史[編集]

元々は内陸部に住み、海岸地帯の部族と交易に携わっていた。白人と接触後、海岸地方に移住してオーストロネシア語系の言語を話すモツ族と共存するようになった。そのため、固有の言語英語版を話す者は非常に限られ、若年層はトク・ピシン英語を好んで話す傾向にあり[1]、村での生活も文化の面もコイタ族特有のものはほとんど残っていない。

生活[編集]

生業は賃金労働が主体である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Lewis et al. (2015).

参考文献[編集]

  • "Koitabu". In Lewis, M. Paul, Gary F. Simons, & Charles D. Fennig, eds. (2015). Ethnologue: Languages of the World (18th ed.). Dallas, Texas: SIL International. 
  • 『世界の民族 1』《オーストラリア・ニューギニア・メラネシア》平凡社、1978年。