ケンタッキー肉の雨事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ケンタッキー肉の雨事件(ケンタッキーにくのあめじけん、英:Kentucky meat shower)とは、1876年3月3日ケンタッキー州バス郡Rankin近郊の91×46メートル四方(100×50ヤード四方)の範囲に赤身肉の断片が数分にわたって空から降ってきた事件[1]。断片の多くは5cm四方(2インチ四方)の大きさであったが、少なくとも一片が10cm四方(3.9インチ四方)に及ぶものだった[2]。この現象は当時『サイエンティフィック・アメリカン』や『ニューヨーク・タイムズ[3]、その他いくつかの出版メディアで報じられた[1][4]

肉片の特定[編集]

肉片は牛肉と思われたが、『サイエンティフィック・アメリカン』の初報によれば、実際に肉片を口にした”2人の紳士”が羊肉鹿肉であると述べたという[5]。地元の猟師であるB.F.エリントンは肉片を熊肉であるとした[6]

当初、見つかった”肉片”はレオパルド・ブランダイスの「サニタリアン」誌での記述によってネンジュモと判定された[1]。ブランダイスが詳しい分析のためにニューアーク科学協会へ肉片の標本を送付したところ、アラン・マクレーン・ハミルトン博士による『メディカルレコード』誌への投稿に繋がった。それによると肉片はウマか、ヒトの幼児の肺の組織と断定され、「この内蔵の構造がウマとヒトの幼児ではほとんど同じである」とした[5][7]。この標本の構造は更なる分析によって裏付けがなされ、2つの肉片の標本が肺組織、3つが筋肉、2つが軟骨と断定された[5]

仮説[編集]

この現象の解明が多く試みられたが、ブランダイスはこの物質が地表に存在し、雨が降ると透明なゼリー状の固まりに膨張するシアノバクテリアの一種であるネンジュモではないかと考えた。この仮説は肉片は雨と共に降ってきたとする印象を与え続けてきた。一方チャールズ・フォートは1作目の本であるThe Book of the Damnedで当時雨は降っていなかったと指摘した[1]。地元住民に支持されたのは、アメリカハゲタカが肉を吐いたとする説で、これは「仲間が吐くのを見るとすぐさま同じことをする習性があるから」である[5]。L.D.カステンバイン博士は『ルイビルメディカルニュース』(Louisville Medical News)に、肉の種別についてもっともよく説明できる考えとして発表した[2][8]。ハゲタカは恐れを感じて急に逃げ出すときに肉を吐き出す[6]。フォートは潰れて乾いた見た目の肉塊は圧力の結果だと説明するとともに、この事件の9日後である1876年3月12日にロンドンで"野菜のようなものが付着した"赤い”細胞”が降ってきた事件を付記している[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Fort, Charles (1919). The Book of the Damned. New York: Boni and Liveright. pp. 45–46. OCLC 2062036. https://books.google.com/books?id=lW1HAAAAIAAJ&printsec=frontcover&dq=Charles+Fort,+Book+of+the+Damned&hl=en&sa=X&ved=0CCYQ6AEwAGoVChMI86DNluCKyAIVEVeICh3vWwmT#v=onepage&q=Kentucky&f=false. 
  2. ^ a b Crew, Bec (2014年12月1日). “Blog: The Great Kentucky Meat Shower mystery unwound by projectile vulture vomit”. http://blogs.scientificamerican.com/running-ponies/2014/12/01/the-great-kentucky-meat-shower-mystery-unwound-by-projectile-vulture-vomit/ 
  3. ^ “Flesh Descending In A Shower.; An Astounding Phenomenon In Kentucky--Fresh Meat Like Mutton Or Venison Falling From A Clear Sky”. The New York Times. (1876年3月10日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=FB0914F9355B127B93C2A81788D85F428784F9 
  4. ^ (21 March 1876). The Carnal Rain - Careful Investigation of the Kentucky Marvel by a Correspondent, New York Herald, p. 4, col. 1
  5. ^ a b c d Wilkins, Alasdair (2012年3月21日). “When It Rains Animals: The Science of True Weather Weirdness”. http://io9.com/5895116/the-mystery-of-raining-animals-and-other-impossible-but-real-weather-weirdness 
  6. ^ a b Mr. X (2015年5月3日). “Debunked: The Kentucky Meat Storm of 1876”. http://journalofthebizarre.blogspot.com/2015/05/debunked-kentucky-meat-storm-of-1876.html 
  7. ^ zatzbatz (2003年5月9日). “Kentucky Meat Shower”. http://everything2.com/title/Kentucky+Meat+Shower 
  8. ^ Kastenbine, L. D. (1876年). “The Great Kentucky Meat Shower”. The Louisville Medical News 1 (21): 254-255. http://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=mdp.39015074156194;view=1up;page=root;size=100;seq=262;num=254 2016年3月4日閲覧。. 
  9. ^ Fort, pp. 288–89.

関連項目[編集]