ケルディッシュ形式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

場の量子論多体理論においてケルディッシュ(Keldysh)形式とは、非平衡状態グリーン関数を用いて扱う方法の1つである。

一般的な多体系の1粒子グリーン関数による方法では、熱力学的な性質の解明のためには極めて有用なものであるが、運動論的な問題に対しては無力である。時間に依存する外部摂動に対する系の振る舞いを、絶対零度においてさえ記述することが出来ない。また線形応答理論はこの種の問題に解答を与えるが、それは1次の効果までに限られてしまい、高次の効果を導く簡単な方法は存在しない。

しかし幾つかの型のグリーン関数を同時に考慮すれば、非平衡グリーン関数のためのダイヤグラムの技法を展開できる余地がある。その場合グリーン関数は行列になる。この行列をKeldyshグリーン関数という。

Keldysh形式の非平衡グリーン関数は必要以上の情報を含むことも多い。

参考文献[編集]

  • A.M. ザゴスキン 『多体系の量子論』 シュプリンガー・フェアラーク東京、1999年ISBN 4431708324