クリシュナラージャサーガラ・ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリシュナラージャサーガラ・ダム

クリシュナラージャサーガラ・ダムカンナダ語:ಕೃಷ್ಣರಾಜಸಾಗರ, Krishnarajasagara Dam)は、インドカルナータカ州マンディヤ県クリシュナラージャサーガラに存在するダムKRSとも呼ばれる。サーガラとは「貯水池」を意味する。

歴史[編集]

20世紀初頭、マイソールの統治者クリシュナ・ラージャ4世の大臣モークシャグンダム・ヴィシュヴェーシュヴァライヤは灌漑事業の一環として、マイソール付近、カーヴェーリ川上流部にダムを建設した。このダムは王の名にちなんでクリシュナラージャサーガラ・ダムと名づけられ[1]、クリシュナ・ラージャの貯水池を意味する。

また、この近くにあった町はクリシュナラージャサーガラと呼ばれるようになった。

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]