クズネツォフ NK-14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クズネツォフ NK-14Aは、原子力飛行機Tu-119の動力としてクズネツォフ設計局で設計、製造された航空機搭載型原子力エンジンである。

開発はTu-119の中止に伴って中断されたが、Tu-119試作機の内側のナセル内に設置されて飛行試験が実施された。[1]

出典[編集]

  1. ^ Gordon, Yefim; Vladimir Rigmant (2005). OKB Tupolev: A History of the Design Bureau and its Aircraft (1st ed.). Hinkley: Midland Publishing. pp. 155–157. ISBN 1 85780 214 4.