ガラス繊維補強セメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガラス繊維補強セメント(ガラスせんいほきょうセメント、: Glass Fiber Reinforced Cement :GRC)は、1973年頃に英国で開発された、セメント又はセメントモルタルを耐アルカリガラス繊維で補強した複合材料である。

曲げ強度が大きく、薄肉化できるので、部材の軽量化が図れるという特徴を持つ。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]