カピス語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カピス語
話される国 フィリピンの旗 フィリピン
地域 カピス州海岸部、イロイロ州マスバテ州アクラン州の各州の一部
話者数 639,000人(2000年)
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 cps
Glottolog capi1239[1]
Area where Capiznon is spoken
テンプレートを表示

カピス語(カピスご、: Capiznon language)はオーストロネシア語族に属する言語である。フィリピン西ビサヤ地方で話されており、特にパナイ島北東部のカピス州に集中している。

言語名別称[編集]

  • Capiznon
  • Capisano
  • Capiseño

語彙(比較)[編集]

カピス語 ヒリガイノン語 英語
yanda subong today/now
ini/mini/muni ini/amo ini this
ina/mina/muna ina/amo ina that
patawa kadlaw laugh
palataw-an kaladlawan funny
malukong yahong bowl
ti-aw/dinaskal lango-lango joke
palanggana labador washbasin
pawa sanag bright/luminous
wakal/hambal hambal talk
lagbong/hulog hulog fall
puya bata child
pilaw tuyo sleepy
tamarindo sambag tamarind tree
tangis hibi cry
laong lisensya consent
siki tiil foot
mayad maayo fine
gutos lakat/baktas to travel by foot
gumangkon hinablos nephew/niece
libod lagaw to stroll around

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Capiznon”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/capi1239. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]