オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業(-かつようきばんせいびじぎょう)とは、IPAが2003年度から実施している支援事業の一つであり、オープンソースソフトウェア活用のすそ野を広げるための基盤整備を目的としたもの。支援を受けて開発されたソフトウェアもオープンソースソフトウェアであることがポイントの一つになっている。現在は、IPA内に設置されたオープンソースソフトウェア・センター(OSSC)が中心となり、事業を行っている。

外部リンク[編集]